RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

レガシー男

2010.09.21 Tue
 少々まえのことだが、知人から
「ピグという、たいへん楽しいサービスがあります。あなたもいっしょに
 や ら な い か 」というお誘いを頂戴した。

 アバターもエクボー的なものを設定して、ラインのむこうの見知らぬあなたと見知らぬあなたにデートを取り持つパンチDEデートっぽい愉快サービスらしい。いやまあいきなりデートは取り持たないようですが。

 その知人の語り口がいかにも楽しげであり、またせっかくのお招きなのでひとつ参加しようと思い、アカウント登録を試みたのであった。しかし、悔しいことにわたしのPC環境では参加できなかったんである。アイゴー! アイゴー十六歳! まず、送っていただいた招待アドレスから登録しようとしたら「貴様の携帯電話アドレスは受け付けぬ」的なメッセージが。

 ああそうよねぇPHSなんかいまどきないよねぇ。ならば、じかにあめま~……じゃなくてア●バ・アカウントを作るまで! とアカウントを作成し、いざピグへ。そうしたらでました「最新のflash playerをインスコせよ」。

 終了だ。無理なんです。我が愛機・G4は、OS10.2.8。死にかけのジャガーなんだもの。もはやレガシーですから。レガシー、愛の言葉は、レガシー。悔しい。貧乏が憎い。年収300まんえんぐらいになりたい。今のわたしの心境は、近所の空き地で野球に興じる級友たちの喚声を、自室で聞いている小学生のようである。


Theme:雑記 | Genre:日記 |
Category:ネットは広大だわ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

イルカにのった白人さん

2010.06.21 Mon
 アメリカのイルカ萌え写真家・シホヨスさんがお撮りになった……というか盗撮なさったドキュメンタリー風味映画「ザ・コーヴ」の公開をめぐって、本邦の斯界は揺れている。ように見える。
 
 さて、みなさまのえぬ・エッチ・けえのニュースをだらりだらりと見ていたら、この映画の「緊急シンポジウム」なる催し物が紹介されていた。出席者のなかに石坂啓さんがいた。ああ、なるほどなるほど。いろいろと納得がいった。
 
 しかしあれだ。あの稼業もたいへんそうだなあ。あまりあからさまではいけない。冷戦のころならいざ知らず、この平成の御代にギラギラテラテラとアガリを求めてはどん引かれだ。普通の、こころやさしい日本の人々にうっかり「そうだよね~それっていけないよね~」と言わせるネタと見せ方を考えなきゃいかんだろうから。でもー、そんな因果な稼業からはー、足を洗ったほうがいいと思いまーす。

Theme:今日の出来事 | Genre:日記 |
Category:悲憤慷慨 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

「青空娘」、ポニーテールはふり向かない(大映つながりで)。

2010.05.28 Fri
 ずいぶんほったらかしにしておりました。なーにどうせだれも来ちゃおらんだろ、と思いつつ久しぶりにログを見たら驚いた! 来てくれてるんだ……で、お運びくださった方々は、ほとんど「若尾文子 ソフトバンク」でググっておいでだったのです。すみません、こんなしょうもないブログをつかませてしまって。お詫びにもなりませんが、若尾さん映画の感想文をひさびさに上げます。お題は現代の(といっても昭和三十二年ですが)シンデレラ物語、「青空娘」でございます。

 継母や義理の兄弟たちに女中あつかいされ、狭い納戸の様な部屋をあてがわれ、その部屋でめざめた翌朝に空を仰ぎ「青空さん、こんにちは!」と笑顔をうかべる若尾さん。もう、萌えを通り越して、蕩れ。蕩れ! とれ! 魔女先生。いやそんなものはない。とまれ、なんという強さ、かわいらしさ。自分の境遇を嘆かず、誰をもうらやまず、堂々と胸をはって生きていく主人公の姿に見蕩れます。蕩れ蕩れぴちぴちカニ料理。

 監督はあの増村保造先生なわけですが、ぽんぽんと小気味よいセリフのやりとりと、モタモタしたところのないスピーディーな演出が爽快。話の道具立てを見れば、湿り気が多くなりそうなんだが、そこをカラリと仕上げた増村監督の手腕と才気に感服しました。なかでも、主人公・有子と実母の再会シーン。普通それなりの劇伴でしんみり盛り上げるところだが、ここでのBGMはとなりの宴会場から聞こえてくる「炭坑節」。そ、そうきますか、スゴイッすね。なんというか、作品全体に社会や家庭の風通しの悪い部分をドカンと蹴りやぶるような、そんな勢いが満ちている。この勢いは最後まで衰えず、一見いちばん優しそうで物分かりの良さそうな父に愛ある叱責を加える有子。加えて、継母や義理の兄弟に向けた優しい心遣いにほろりとさせられる。どこまでカッコいいのかしらねぇこの娘ったら。

 そうそう、ミヤコ蝶々を忘れてはいけない。あのいけすかないやつらばかりの家で唯一、有子の味方をしてくれる女中さんを演じて、これまた素敵に納得なキャスティングだった。
 
 いやあ、それにしてもほんとうにかわいいよなあ、若尾さん。白いブラウス、朱色のスカートというコーディネイトにポニーテール。若尾さんがポニーテールですよ、えッ、あなた。

Theme:俳優・女優 | Genre:映画 |
Category:若尾さん | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

あなたの膝で眠りたい

2010.03.14 Sun
 三月九日のエントリーでガハラさんの膝枕について触れたら、なんだか「膝枕」が気になって仕方がない。ググってみたらこんな愉快動画を見つけた。



 笑いすぎて涙がでてきた。集った面々がまるで連歌のように次々にやりとりを繋げて、結果、スレを一本の作品にしてしまっている。スレ主の控えめな自慢話はどこかへ行ってしまっているし。

 我が身を顧みるに、「一番エロい体験」ってなんだったろう。無論、セクシャル・インターコースなどといった直接的なものは除外されなければならない。もっとこう、状況の問題だ……残念だが、膝枕は未体験だ。やはり、あれか! 二十代そこそこのときに、年上の女に押し倒された事があった!
 状況終了!

Theme:ニコニコ動画 | Genre:サブカル |
Category:ネットは広大だわ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

I LOVE HITAGI 「化物語 第六巻/つばさキャット 下」発売延期。

2010.03.09 Tue
 昨日のことだが、アーッ・マーッ・ゾォーン(大空に聞け 俺の名は、と続けたくなるお方はもうエエ歳ですね)から悲しいお知らせが。「化物語 第六巻/つばさキャット 下」の発売は六月九日に延期されたとのこと。なでこの巻は1ヶ月の延期だったが、このたびは三ヶ月に及ぶ。シャフトは大丈夫なんだろうか。日本はどうなるだろうか(松岡洋右)。現在放送中の作品も、「ひだまりスケッチ×☆☆☆」は安定しているがもうひとつの、血ィ吸うたろか! な方はなんだかピリッとしない。さあ妾と踊ろうと言われても踊れません。ダンスはうまく踊れない。お姫さぁ~ん(声:小林清志)。

 ところで「化物語 第六巻/つばさキャット 上」収録の十三話、これのエンドカードは撫子凛さんの作品であった。pixivでこの方の作品を好んで拝見していたので、おおうあの大和乙女画家さんだ! と初見の時はいささか興奮してしまった。撫子さんのブログに、このエンドカードの没ラフが三枚上げられている。どれも魅力的だが、やはりひたぎに膝枕をしてもらっている阿良々木くんの図、これがいっとう素敵だ。安らいだ様子の阿良々木、彼を慈しむように見つめるガハラさん。すっと背筋が伸びたガハラさんの姿勢が美しい。膝枕、それは男の夢。違いますか、えッ! ましてや相手はガハラさんとくれば。……ええ、大丈夫です。虚構と現実の区別はついてます井村屋の水ようかん。

 そう、わたしは終始一貫して戦場ケ原ひたぎを支持しております。どこが好き? それは……情が深いところ。見目麗しいところ。阿良々木君に愛を伝えるときは、いつだって動悸が激しくなったり頬が上気したりする、乙女のようなところ。いやだから乙女だよな、ガハラさん。暴言は暴言、愛の言葉は愛の言葉。自分の思いをなるべく忠実に伝えようと言葉を選んでいる様子が愛おしい。あと、首をおもいっきり傾げる仕草が素敵。どっとはらい。


Theme:化物語 | Genre:アニメ・コミック |
Category:アニメ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。