RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

棟田博と長谷川伸 「分隊長の手記」から

2012.11.01 Thu
 近所の図書館に、棟田博の「兵隊小説文庫」シリーズが揃っていた! とりあえず、出世作「分隊長の手記」を借りた。これ、光人社NF文庫に入ってないのでどうしたものかと思案していたので嬉しい。棟田博は自身も支那事変に出征し負傷した経歴の人なので、兵隊にむける眼差しがとてもあたたかい。「陸軍いちぜんめし物語」「板東俘虜収容所物語」、映画にもなった「拝啓天皇陛下様」あたりは、NF文庫でいまでも入手できる。軍隊生活がどんなものだったか興味のあるひとは読んで損はない。
 
 さて、後書きを先にのぞいてみたら、こんな話が。棟田さんがまだ無名の頃、面識のない長谷川伸のところへ、自分の家に伝わる与力の手帖控を同封し金五円也を拝借したいと無心状を送った。このころの長谷川伸は、すでに大衆小説や戯曲で名声を確立していた人気作家だ。見ず知らずの人間の、こんな頼みに長谷川は、十円の為替を送ってよこした。これが、長谷川伸の他人への接し方の常であったそうだ。

 棟田さんが再び長谷川に手紙を送ったのは、それから数年経ち応召兵として岡山の聯隊に入営した時だった。兵営から出征の挨拶状を出すと、小包が送られてきた。寄せ書きが書き込まれた国旗であった。「祈武運長久 棟田博君」と大書され、実に七十九人の署名が。長谷川伸本人はもちろん、夫人・令嬢、島田正吾・辰巳柳太郎・中野実・梅沢昇……。わざわざ声をかけて寄せ書きを作ったのだろう。棟田さんは、「分隊長の手記」の作中にこう記している。

 「見ず知らずの僕はこれを原隊で受けとったとき、ありがたくて泣いた」

 長谷川伸は、幼いころから辛酸をなめ苦労して流行作家となったひとだ。他人へのこの接し方をみれば、いかにそれを「良い」苦労としたかがわかる。作品と自身の行いがこれほど一致した人はあるまい。

 ……さて、本文をさらに読んでいこう。


Theme:読んだ本の感想等 | Genre:小説・文学 |
Category:日々の些事 | Comment(1) | Trackback(1) | top↑ |
| HOME | 【MMD】夕陽を見ていた男  「帰ってきたウルトラマン」の思い出に>>

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
| | | 2014.08.10(Sun) 17:33:29 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://howitzer96.blog68.fc2.com/tb.php/18-736ca6ac

まとめ【棟田博と長谷川伸 「】

 近所の図書館に、棟田博の「兵隊小説文庫」シリーズが揃っていた! とりあえず、出世作「分隊長の手記
まっとめBLOG速報 2012.11.22 13:33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。