RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

小栗旬と独立愚連隊 「荒川アンダーザブリッジ」

2011.09.28 Wed
 先頃放送の終了した実写ドラマ版「荒川アンダーザブリッジ」、あれを見るたびに思っていたことがある。村長を演じた小栗旬、あの緑色に塗った顔が、佐藤允に良く似ていた! 「ブローニングってやつぁ、案外不便なピストルでしてね」と言って見て欲しいくらいそっくりだった。メイクとは意外な効果をもたらすものであることよ。

 それに触発されて、久しぶりに「独立愚連隊」「独立愚連隊西へ」を鑑賞した。今となっては作れないタイプの映画というのはいろいろあるが、こういった「兵隊映画」とでも呼ぶべき戦争映画はその最たるものだろう。

 と、そんなことを考えていたら、故・景山民夫氏の傑作「野鼠戦線」を読み返してみたくなった。カオス状態の本棚からの発掘を試みることにする。

Theme:日本映画 | Genre:映画 |
Category:映画 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<【MMD】夕陽を見ていた男  「帰ってきたウルトラマン」の思い出に | HOME | サブジェクト・トゥする 「日本のいちばん長い日」>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://howitzer96.blog68.fc2.com/tb.php/15-07890122

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。