RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

「青空娘」、ポニーテールはふり向かない(大映つながりで)。

2010.05.28 Fri
 ずいぶんほったらかしにしておりました。なーにどうせだれも来ちゃおらんだろ、と思いつつ久しぶりにログを見たら驚いた! 来てくれてるんだ……で、お運びくださった方々は、ほとんど「若尾文子 ソフトバンク」でググっておいでだったのです。すみません、こんなしょうもないブログをつかませてしまって。お詫びにもなりませんが、若尾さん映画の感想文をひさびさに上げます。お題は現代の(といっても昭和三十二年ですが)シンデレラ物語、「青空娘」でございます。

 継母や義理の兄弟たちに女中あつかいされ、狭い納戸の様な部屋をあてがわれ、その部屋でめざめた翌朝に空を仰ぎ「青空さん、こんにちは!」と笑顔をうかべる若尾さん。もう、萌えを通り越して、蕩れ。蕩れ! とれ! 魔女先生。いやそんなものはない。とまれ、なんという強さ、かわいらしさ。自分の境遇を嘆かず、誰をもうらやまず、堂々と胸をはって生きていく主人公の姿に見蕩れます。蕩れ蕩れぴちぴちカニ料理。

 監督はあの増村保造先生なわけですが、ぽんぽんと小気味よいセリフのやりとりと、モタモタしたところのないスピーディーな演出が爽快。話の道具立てを見れば、湿り気が多くなりそうなんだが、そこをカラリと仕上げた増村監督の手腕と才気に感服しました。なかでも、主人公・有子と実母の再会シーン。普通それなりの劇伴でしんみり盛り上げるところだが、ここでのBGMはとなりの宴会場から聞こえてくる「炭坑節」。そ、そうきますか、スゴイッすね。なんというか、作品全体に社会や家庭の風通しの悪い部分をドカンと蹴りやぶるような、そんな勢いが満ちている。この勢いは最後まで衰えず、一見いちばん優しそうで物分かりの良さそうな父に愛ある叱責を加える有子。加えて、継母や義理の兄弟に向けた優しい心遣いにほろりとさせられる。どこまでカッコいいのかしらねぇこの娘ったら。

 そうそう、ミヤコ蝶々を忘れてはいけない。あのいけすかないやつらばかりの家で唯一、有子の味方をしてくれる女中さんを演じて、これまた素敵に納得なキャスティングだった。
 
 いやあ、それにしてもほんとうにかわいいよなあ、若尾さん。白いブラウス、朱色のスカートというコーディネイトにポニーテール。若尾さんがポニーテールですよ、えッ、あなた。

Theme:俳優・女優 | Genre:映画 |
Category:若尾さん | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<イルカにのった白人さん | HOME | あなたの膝で眠りたい>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://howitzer96.blog68.fc2.com/tb.php/10-e0683dd5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。