RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ロマン・ポランスキーの「それ町」

2010.10.17 Sun
 十月十四日放送分のアニメ「それでも町は廻っている」第二話をニヤニヤしながら観ていたわたしの目は、あるシーンに釘付けになった。

 歩鳥が読んでいる推理小説「奈良ボマー」の劇中劇で、殺人現場の壁に赤く「DEATH TO PIG」の殴り書きが……シャロン・テート事件かあ! 本物に遠慮しているのか、PIGは単数形にしてあるようだがそんなもん遠慮のうちにはいるかあ! まったく油断も隙も無いですね、シャフトって。

 それにしても、やはりシャフトが手がけた作品はオープニング、エンディングともにカッコいい。オープニングのダンスも、京アニのアレ以来猖獗を極めるアイドルの振り付けふうではなく、ミュージカル的なそれで攻めてくるあたりはさすがだ。エンディングもいい。引いた構図の中で動きまくるキャラクターを見ているだけでも楽しい。個人的に、ベースを弾く紺先輩の動きに、ものすごーくロック的ななにかを感じる。特に、最後に横を向くところなんかね。


スポンサーサイト
Theme:アニメ | Genre:アニメ・コミック |
Category:アニメ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

I LOVE HITAGI 「化物語 第六巻/つばさキャット 下」発売延期。

2010.03.09 Tue
 昨日のことだが、アーッ・マーッ・ゾォーン(大空に聞け 俺の名は、と続けたくなるお方はもうエエ歳ですね)から悲しいお知らせが。「化物語 第六巻/つばさキャット 下」の発売は六月九日に延期されたとのこと。なでこの巻は1ヶ月の延期だったが、このたびは三ヶ月に及ぶ。シャフトは大丈夫なんだろうか。日本はどうなるだろうか(松岡洋右)。現在放送中の作品も、「ひだまりスケッチ×☆☆☆」は安定しているがもうひとつの、血ィ吸うたろか! な方はなんだかピリッとしない。さあ妾と踊ろうと言われても踊れません。ダンスはうまく踊れない。お姫さぁ~ん(声:小林清志)。

 ところで「化物語 第六巻/つばさキャット 上」収録の十三話、これのエンドカードは撫子凛さんの作品であった。pixivでこの方の作品を好んで拝見していたので、おおうあの大和乙女画家さんだ! と初見の時はいささか興奮してしまった。撫子さんのブログに、このエンドカードの没ラフが三枚上げられている。どれも魅力的だが、やはりひたぎに膝枕をしてもらっている阿良々木くんの図、これがいっとう素敵だ。安らいだ様子の阿良々木、彼を慈しむように見つめるガハラさん。すっと背筋が伸びたガハラさんの姿勢が美しい。膝枕、それは男の夢。違いますか、えッ! ましてや相手はガハラさんとくれば。……ええ、大丈夫です。虚構と現実の区別はついてます井村屋の水ようかん。

 そう、わたしは終始一貫して戦場ケ原ひたぎを支持しております。どこが好き? それは……情が深いところ。見目麗しいところ。阿良々木君に愛を伝えるときは、いつだって動悸が激しくなったり頬が上気したりする、乙女のようなところ。いやだから乙女だよな、ガハラさん。暴言は暴言、愛の言葉は愛の言葉。自分の思いをなるべく忠実に伝えようと言葉を選んでいる様子が愛おしい。あと、首をおもいっきり傾げる仕草が素敵。どっとはらい。


Theme:化物語 | Genre:アニメ・コミック |
Category:アニメ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。