RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

年上の人 美しすぎる / 吉田基已「夏の前日」

2010.02.15 Mon
 いわゆる「ジャケ買い」をしたら内容もナイスですね(村西とおる)、だった漫画について。good!アフタヌーンコミックスの吉田基已「夏の前日」という作品なのだが、表紙を見たとき、なんとなく弥生美術館を連想し、おお嫌いじゃないぜこの感じは、と購入して読んだら驚いた! すごく……艶っぽいです……。

 いささか性、狷介な画学生・青木哲生と、画廊の店主にして年上の和装美女・藍沢晶(押井守氏が興奮しそうなボブカット!)の、どこかぎこちない恋の物語は、青木のアルバイト先の画材店を晶が訪れたことで始まる。その出会いの後、晶は青木に関心を抱き近づいていくが、他者との意思疎通が下手で、またその自覚もある青木は内心魅かれつつも、差し出された手を払いのけるような態度をとってしまう。しかし秋の雨の夜、あるきっかけからふたりは晶の部屋で情を交わす事になる。

 この、最初の情交に至るまでの描写のなかで、晶がひとり自分の欲情に戸惑い煩悶するシーンがとてつもなくエロティックなんである。雨中、ほとんど衝動的に青木に口づけをし、ずぶぬれの彼を寝室へ招じ入れる。自身も着替えのために自室に入り、そこでさきほどの行為を思い返し、「いきなりあんなことして」「乱れた女だと 思……」「ああ でも 青木君……」混乱したセリフにあわせ、紅潮した晶の表情も苦悩から恍惚、また苦悩へと変じ、床に座り込んでしまう。そこには、通してむず痒いような情欲が感じられ、見ているこっちも動悸があがってきそうだ。

 ふたりの恋はなかなかに波乱含みな様子で、これはこのさき楽しみな漫画に出会えました。それにしてもなあ。雨の夜に、年上の美女の部屋で、ふたりで、かあ。ちくしょううらやましいぞ青木。


スポンサーサイト
Theme:漫画 | Genre:アニメ・コミック |
Category:漫画 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。